海上貨物クレームに対するディフェンス専門

TEL:045-508-9711 MAIL:info@oda-legal.com
Blog|行政書士織田成次のひとこと


We can provide you with legal support services in Japan.

カーゴ・クレームを受ける運送人の皆様が、顧客の信用を損なうことなく、ご自身の損失を最小化できるようにサポートすることが弊社のサービスです。その目的のために、貨物損害に対する運送人の責任の有無、または軽重について分析し解説します。また、必要とされる意見書や答弁書の作成もお手伝いします。まずは、弊社へご連絡下さい。

2013年6月13日に商船三井の運行する大型コンテナ船MOL CONFORT号(2008年竣工、パナマ船籍、8万6千総トン、全長316M, 最大積載量 20F コンテナ8,110個)がインド洋で破断して前部、後部に分離して漂流し、曳航の努力もむなしく両方とも数日後に沈没してしまいました。この船が三菱重工製で、同型船6隻稼働中であったため海運界に激震が走りました。実はこの船は、私の勤務していた会社が以前傭船して、別の船名で約4年間運行していたので、人ごととは思えませんでした。このよう巨大新鋭船の重大事故はレアケースですが、荒天遭遇時にデッキ上のコンテナが大波で破壊されたり、海中に転落する事故はしばしばあります。自然が相手の海の上では、想像を超えた危険があり、船も貨物も常にリスクにさらされていることを船社のみならず、NVOや荷主の皆様にも認識して頂きたいと思います。

何らかの事故や故障で航行不能になった船を陸地まで曳航して、貨物を回収出来たとしても、次に来るのは船社による共同海損 (General Average、略してGA) 宣言です。 GA宣言が出ると、荷主は救われた自分の貨物の価値に応じて、救助費用や救助を成功させるために犠牲にされた一部の貨物等の損失の分担を求められ、GA盟約書にサインして、供託金を積むか、貨物保険会社の保証状を船社に差し入れないと、目的地で貨物を引き渡してもらえません。しかし、このような船社主導の伝統的な一方的プロセスに納得できない荷主さんも少なからずいらっしゃるようです。そんな方はGAの根拠法であるヨーク・アントワープ規則をよく読むと、別の選択が見えてくる場合があります。興味のある方は当事務所へお問い合わせ下さい。

今日、ポスト・ハーベスト技術の飛躍的進歩により、地球の反対側から果物を船で日本まで運べるようになりました。 その間果物は、空気中の酸素と二酸化炭素濃度を調整され、微妙に温度管理されたコンテナの中で熟成せずに眠っています。このような高度の技術(例えばControlled Atmosphere 略してCA)と十分な注意を必要とするリスキーな輸送も日常的に行われています

他方、現在主流となっているPusan 積み替えの西日本・日本海諸港向けの貨物には、水濡れ事故が多発しています。それらのコンテナを調べると、屋根の角に穴が開いています。これは、積み替え港の荷役技術の拙劣さによるものです。

国際輸送のクレームは苦情ではなく、権利に基づく金銭的な損害賠償請求です。従って、これを処理する仕事を顧客満足度アップのサービスと混同してはいけません。クレーム処理の結果は、求める側と断る側の調査能力と専門知識の有無に左右されます。当事務所は、クレームの予防と実際のクレーム対処に資するため、皆様の海上輸送上のトラブル、関連法規や技術的な疑問にお答えします。 もちろん荷主様のご相談も承ります。

「外航船利用運送事業」に携わるフォワーダーの皆様、若しくはNVOCCを開業準 備中の方で, 貨物利用運送事業法による国交省への登録〔変更を含む)、又は許可 (変更を含む)の申請をお考えの方は、このページの左にある「織田国際法務事務所 (行政書士)」をクリックして下さい。


〒225-0021
横浜市青葉区すすき野1-1-5-404

電話:045-508-9711

FAX: 045-508-9712

Email: info@oda-legal.com





We are a cargo claim expert.